So-net無料ブログ作成

So-net blogカウンター「850.000 !」への御礼 [その他]

当ブログの総閲覧者数が、本日(11/21) " 85万 "を通過していました!。
800,000を超えたのが10月13日だったので、39日間でプラス50,000(平均1,282/day)ということになります。毎日アクセスしてくだってる皆様、ありがとうございます!。

IMG_00724.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

pdwebデザインコンペ2009 エントリー作品ファイル公開! [プロダクトデザイン]

「デザインは色やカタチじゃないよねぇ…」という言い方もできる。けれど、デザインについて話せば話すほど、最後はやっぱり「デザインはカタチだよね…」ということになる。
もちろん、ここでの「カタチ」というフレーズの使われ方は、2つの文脈では異なる訳で、後者のケースでは、ただ「カッコイイ」とか「カワイイ」という受け手のファーストインプレッションだけではなくて、作り手側が仕込む配慮や思惑、問題解決や生活提案など、デザインを裏支えしているデザイナーやメーカーの思想の現れた結果を「カタチ」と言っている。

今年も、そんな「カタチ」についてのデザインコンペである「pdwebデザインコンペ」の審査に参加しています。そのコンペに、急がしい中作品を提出してくださった皆さんの作品ファイルがpdwebにて16日から全公開になりました。

pdwebデザインコンペ2009 エントリー作品ファイル公開!

IMG_00723.jpg



第一次審査は、実は終了してます。全作品から1人の審査員あたり決められた数の候補を、カタチ(形状と色、素材)、アイデア(機能、独自性、エコロジー)、実現性(作りやすさ、売りやすさ、使いやすさ)の観点からそれぞれ採点する方式で選出する流れです。最終的には来週以降の日時で設定される審査会にて、大賞以下の受賞者が決定します。

編集部からは先ほど連絡があり、「ナカバヤシさんの採点が一番辛かった…」とのこと。決められた候補者数を選出する段階は、各デザイナーがそれぞれの方式で行うpdwebデザインコンペ。私の場合は、各項目10段階評価の中、7段目を「プロダクト=モノ」として破綻や違和感なく成立していて実現の可能性が見える…という基準ラインにしていて、それ以上を、社会やマーケットから推測される「共感度」でプラスしていく…という方法を取っています。
最終の審査会では、どのような結果となるかまだ判りませんが、全作品ファイルが公開になる稀なデザインコンペなので、各作品を見ていただけると嬉しいです!。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

TOYAMAデザインセレクト2009-2010 [プロダクトデザイン]

インテリアに彩りを添える富山生まれのデザイン…ということで、11月3日(火)から来年(2010年)3月30日まで、神通峡春日温泉リバーリトリート雅樂倶・1F SHOPにて、「TOYAMAデザインセレクト2009-2010」が開催されています。展示だけでなく販売も行っています。

DMには、私がデザインした「Birds-Foot」が、コンクリート打放しの壁(柱?)に取付けられた棚の上に写っていました。ちなみに、「Birds-Foot」がTOYAMA PRODUCTSに選定されたのは2004年でした。月日の経つのは早いものです。

IMG_00722.jpg


期間の長い展示販売が、モダンなホテルのショップで行われることは、とても嬉しい限りです。富山には仕事モードで出向くことがほとんど。リバーリトリート雅樂倶は、まだ訪れたことがありません。この期間内に覗きに行けるといいのだけれど…。
旅行・観光情報のWEBマガジン「旅色」では、稲森いずみさんが雅樂倶を訪れてました。

リバーリトリート雅樂倶
Birds-Foot : 鉄鋳物の用途開発(100% Design Tokyo出展物より)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

第16回文具教室 中林鉄太郎レポート & 第17回文具教室 早川貴章さん! [プロダクトデザイン]

先日のエントリーで報告を書いた『つくし文具店「文具教室」』でのレポートが、「れんらく」ページにアップされています。
なんだか、あちこちに話しが飛んでしまったのですが、そこは萩原さんの流れるような文章でまとめて頂きました。

「第16回文具教室/中林鉄太郎」レポート

IMG_00721.jpg



その文具教室の中で話題とてピックアップした、私の父親がイラストと文を手掛けた本へのリンクを下記に貼付けます。ご興味のある方はご覧下さい。


記憶のなかの街 渋谷 (らんぷの本)

記憶のなかの街 渋谷 (らんぷの本)

  • 作者: 中林 啓治
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本



…ということで、次回(第17回)の文具教室は今週末の土曜日(11月14日)、デザイナーの早川貴章さんです。以前のエントリー『早川貴章展オープニン グパーティー』でも書きましたが、デザインに対してのピュアなアプローチを試みている早川さんです。文具教室もきっと楽しい会になるでしょう!。

「第17回文具教室/早川貴章」開催のお知らせ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

信号機をキーワードに公共デザインを考える「新東京百景 - 信号編」 [プロダクトデザイン]

表参道、神宮外苑…東京らしい街路樹の街並を車で通り過ぎてしまうには、もったいない季節になってきた。湿った落ち葉と土からの匂い、クリスマスへ向けたショップのウインドウ…、街を歩く人達の装い…など、とても季節感を感じることができるからだ。朝日が逆光で色づいた葉を透かす色も美しい。

デジカメ片手に歩きながら散歩をしていると被写体には困らないのが東京だろう。密集する建物、一方通行とは思えない広さの裏道、突然出くわす坂道、寺社に路地…。雑多な東京はとても多くの顔を持っている。場所に蓄えられた時間が染み出してる?…と思えるようなオーラを持った街角も多い。あちこちで撮った画像には、その場所ならではの絵が撮れている。…けど、それだけじゃない。街を街らしくしている重要なアイテムが、街並の画像にはいつもフレームに入っている。信号や標識の類いだ。

デザイナーの秋田道夫さんから「新東京百景 - 信号編」のDMを頂いた。信号機をキーワードに、公共デザインをひもといていく…という試みとのこと。ミラノでもニューヨークでも、信号機の持つデザインの雰囲気は街を演出してきてる。今週末はオバマ大統領も来日…とのこと。日本の信号機が演出する東京は、どう映るのだろうか…。そういう意味でも重要な「信号機」というキーワード。
会場は、アーティストブックの出版などを手掛ける「Now IDeA by UTRECHT(ナウ アイディア バイ ユトレヒト)」。表参道の交差点を、コムデギャルソン、PRADAの方に入っていく道沿い。オープニングパーティー&トークは18日(水)19〜20時とこと。ご興味のある方は是非、秋の表参道へ。

「新東京百景 - 信号編」

IMG_00720.jpg



信号電材
NOW IDeA by UTRECHT

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

注目の展示会『PROTOTYPE 03』 [プロダクトデザイン]

ちょうど1年前のエントリー「『PROTOTYPE EXHIBITION 02』に感じた、プロトタイプが産まれる空気」でも書いたプロトタイプ展、その3回目の案内が、デザイナーの橋本潤さんから届いたので掲載します!。

1年目の小石川、2年目の五反田に続いて、今回は場所を東京ミッドタウン・デザインハブに移しての開催とのこと。参加するデザイナーは、芦沢啓治さん、Inoda + Svejeさん、印デザインさん、大友学さん、岡安泉さん、小林幹也さん、坪井浩尚さん、寺田尚樹さん、トラフさん、ドリルデザインさん、長岡勉さん、中村竜治さん、鳴川肇さん、NOSIGNERさん、橋本潤さん、藤森泰司さん、MILEさん、Leif. design parkさん、柳原照弘さんの総勢19組!。ん〜、感性に直球の皆さんの作品は、是非会場で見たいですね。

PROTOTYPE 03 プロトタイプ 03 ||| 様々なジャンルで活動するデザイナーによるプロトタイプの展示会

IMG_00719.jpg

プロダクト、家具、建築など様々なジャンルで活躍する19組の若手デザイナーによる「プロトタイプ」の展示会。 製品の完成に至るまでに作成される数々の試作品や多様なモデル、スケッチなどを紹介し、デザイナーのアイデアや思考プロセスを明らかにします。
製品の背後にあるデザイナーの姿勢、またプロトタイプの可能性への理解が深められることでしょう。


オープニングパーティーは12日、19:00〜とのことなので、早速、スケジュールに追加です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事