So-net無料ブログ作成
検索選択
デザインコンセプト ブログトップ

自分が入りたいお墓と霊園のデザインが無い [デザインコンセプト]

週間ダイヤモンドの最新号(1/12号)特集「誰も知らない巨大ビジネス 寺と墓の秘密」が興味深い。

多くの日本人の心に深く根づいている仏教。その根幹となる「寺」と「墓」の秘密を、この特集ではあえてビジネスの側面でとらえた。不謹慎とご批判を浴びるのは承知のうえで、現状の分析や問題点の指摘、将来の考察など、「寺」と「墓」の不思議な世界を多角的な観点から展開している
[週間ダイヤモンド目次より引用]

…とのことで、大きくは「寺編」と「墓編」にわけ、現代の状況を多角的にレポートされている。詳しくは雑誌を。

ここで中で書かれている「霊園開発のからくり」と題したページの内容は、詳しくは書けないが、実はかなりの部分を知っていた。ここ数年で2件、類する業界の会社からデザインについて打診をされた際、業界の背景が語られ知ったことだった。話は「お墓」に関連する商品のデザインに関することだったが、墓石専用3DCADとウォータージェットのおかげで、造形の自由度は格段にあがっていることと、墓石に託したい顧客の願望も多様化していることから、そういう全てのケースに対応させていたくような(量産性が見出しずらい)方向性よりは、「時代にあった霊園環境開発と、そのためのプロダクトとプロモーションという発想が必要では?…」という提案をその場でさせていただいた。
私と同世代の40代をターゲットに「自分が入りたくなり、ファミリーが集えるお墓と霊園」をコンセプトにしてはどうか?…と思い付いた構想について説明した。プロジェクトチーム(同世代の建築・造園・工業デザイン等々)を作って企画を詰めてみませんか…と。
結果は…目を丸くされてしまい、「予算が…」とのこと。何も今日明日で…という話でなく、最終的なゴールのイメージを一度俯瞰的に眺めてみてから…という意味だったが、もっと目先のゴール設定だったようだ。
「死にまつわるデザイン…」は、もっと真面目に洗練させたテイストで一度考えてみたい。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

デザインコンセプト:[ジョブ・メイト] [デザインコンセプト]

いつモノを買っているのか…仕事場での話。
オフィス用品通販カタログには、アーロンチェアーからお菓子まで。オフィスがらみでは封筒印刷などサービスも含み、揃わないものは無い…という品揃え。必要な時に選ぶだけ…のオンデマンド。時間によっては当日発送もある。不足分を補うにはありがたい。
とはいえ、オフィスと言っても事務所系から物販まで業種により形態はさまざま。広さや人数もさまざま。インテリアデザインや、使用しているラックや什器等に求める機能やテイストも異なる。でも通販カタログは各社メインはほぼ1冊。インデックスでモノ別にカテゴライズは、横並び。

ワークスタイルについて、もっとフォーカスできないか…と思う。アイテムは同じでも、ライフスタイル別に機能やテイストが異なるのは当たり前の時代。平日の活動時間の大部分を占めるオフィスでの時間。そこでのモチベーションに比例する生産性。パーソナルなLifeHack的試みから、チームとしてのクリエイションを生み出すためのTeamHack…のような視点が必要では?。それらの実現を支援する空間(インテリア環境)とモノ(オフィス機器類)。

「ジョブ・メイト」…仕事をする仲間としての距離感で、仕事場で使うモノたちをリデザインしていくコンセプト。小規模な単位での仕事空間をターゲットに、チームでのイノベーションをサポートするためのアイテムをセレクトして商品企画。仕事プロセスの改善機会…が、ジョブ・メイト・シリーズの購入の機会…と結びつくように。事務のための機器類ではなく、チームが目指すゴールを支援する環境(ワークスタイル)作りのキャストとして…。妄想中。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

デザインコンセプト:[HOTEL+REALIZE=HOTELIZE] [デザインコンセプト]

2007年東京ホテル戦争という状況を鑑みて、2005年に発想したコンセプト。ホテル客室に置かれるプロダクトをデザインしてリプレースしましょうーというスタンスでなく、ホテル(ホスピタリティの提供者)側からの視点や着眼点で、通常のプロダクト(設備機器、情報機器、その他インテリア製品)を見直そうというコンセプト。
「体験を通して始めて感じられる価値」を持つ製品群に、「先入観なくファーストコンタクトができる」場というのはさほど多くない。ホテルは、そのクラス(ビジネス、シティ、リゾート等)毎にマーケティングされた結果としての客室とサービスがあり、メーカー側は体感ショールームorモニタリングの場として、ホテル側は、ホスピタリティからくるアメニティの具現化を一貫して行えるという相互作用も期待できるのでは…と発案。
ホテルで体感し、気に入った商品は通販する…そんな副次的な展開要素もあり。
「リッツ・カールトンホスピタリティのAV機器群とリモコン…」など、商品開発において「対象カテゴリーには存在しない観点の挿入」は難しい側面も多いが、このような形でユーザーエクスペリエンスが向上するのであれば、その後の量産、一般販売にとってもメリットが多いのでは…という仮説も立てた。

フロント付きマンションや、家具付きマンション。病院のホテル化…。快適なビジネスホテルのホスピタリティと、プーケットなどのリゾートホテルのホスピタリティでは、基本は同じだと思うが、最後の表現が異なるはず。人・物・事にハート(心)を加えた商品開発には、モノ作り屋だけではキャストが足りない。そういう試みを実現してみたい(現時点では起草のみ/未アクションプラン)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

デザインコンセプト:[ミニマル・アメニティ] [デザインコンセプト]

最近のコンステレーションの中から、その一つのまとまりにフレーズを割り振る。「minimal(最小限の)amenity(暮らしを便利に快適で魅力的にするもの)」。

年に何度もヨーロッパへ行き来し、国内でも飛び回ることの多い知人。休みが取れれば、取れたで、溜まっているマイルで近隣のリゾート地へ骨休め。海外旅行者数も増加し、旅慣れ人も増加中。ネットワーク、モバイル機器の進化、LifeHackによる恩恵…。増加する情報、変化する状況を瞬時に捉え、スピーディーに行動する…。フラット化する時代のサーファー達…。
定宿でなく、たまたま立ち寄った宿で提供された、上質のホスピタリティ。そんな一期一会の嬉しさは、小さな事柄が発端になっているケースはことの外多い。ホテルのアメニティ・グッズはそんなホスピタリティの一環。
…「人生は旅」とはいえ、旅先に期待しすぎるのではなく、「最小限だけれど快適さを自らスマートに持ち運ぶ(長距離移動〜散歩まで)」という軸でプロダクトを再構築できないか。「トラベル・グッズ」というモノよりのグルーピングでなく、快適さ(急流の中で自分を取り戻せたり、充実した経験を付加できる等)の機能やスタイル、テイストでくくる…そんな商品企画とデザイン。

●ミニマル・アメニティ対象プロダクト(試案):
トラベル(アメニティ、グルーミング、モバイル)・キット/機内・ホテルライフ用品/セキュリティ関係用品/ランチボックス、保温・保冷ボトル/My 箸/その他…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
デザインコンセプト ブログトップ